割高デートよりずっと楽しい!?月5,000円以内の格安デートとは




私は格安デートが大好きです。お金が節約できるから? 「いや、そうではありません」とは言い切れませんが、節約できるということ以上に大きな理由があるのです。お金を掛けたデートよりも、何倍も2人で楽しめるデートができるからです。

格安デートとはなんぞや? その知られざる魅力について、今回は私のお気に入りのデートプランを通して、探って行きます。

Wokandapix / Pixabay

格安デートのメリット・デメリット

格安デートを実践する前に、まずは格安デートのメリット・デメリットをしっかりとおさえてから、素敵なデートプランを考えてみましょう。

 

メリット

autumnsgoddess0 / Pixabay

格安デートには素敵な魅力が詰まっています。格安デートのメリットについてお互いに把握していれば、幸せも倍増します。

方法がたくさんあるので、マンネリ化しない

格安デートには、安くて楽しくできることがたくさんあります。詳細については後ほどご紹介しますが、家でできる格安デートと外でできる格安デートの2種類があります。自分の持っている洋服を上手に着こなすように、それらを好きなように組み合わせて楽しむことができるのが魅力です。したがって、何通りものデートプランを組むことができ、マンネリ化も防ぐことができます。

何気ない体験ほどお互いの心に残るので、絆は深くなる

こちらについてもこの記事の後でご紹介しますが、格安デートはお金をかけるデートと違って、アナログな手作り感満載の温かなデートを満喫できます。格安デートは手作業をして過ごすことが多いので、作業を一緒に行うことで一体感が得られます。このようにささやかな共同作業はお互いの心に残りやすいので、時間が経つにつれて印象的で楽しい思い出となります。

 相手を理解する姿勢が身に付く

格安デートでは共同作業が多くなり、また2人で物事を決める機会も増えるので、相手の考えを聞く場面が多くなります。したがって、相手の考えを尊重し、受け入れる訓練をする絶好の場になるでしょう。お互い尊重できるようになり、絆も深まります。

 生活の知恵が身に付く

手作業をすることの多い格安デートなので、生活の知恵がたくさん身に付きます。自分の知らない生活の知恵を相手から学ぶことがきるし、一緒に新しいものを吸収する楽しさも味わえます。私の場合は、一緒に料理をすることで知らないレシピを相手から教えてもらえたので、調理のレパートリーが豊かになりました。

 

デメリット

ijmaki / Pixabay

格安デートが楽しめるかどうかは相手の性格・価値観・金銭感覚や趣味にもよります。デメリットをおさえて、相手のことも考えながら楽しい格安デートを提案してみれば、案外相手もはまるかもしれません。

 愛情がないと勘違いされることもある

愛はお金では買えないといいますが、やはり一般的には大切な相手ほどお金をかけると考えられています。自分では相手と楽しみたいという純粋な思いから格安デートをしていても、相手は「自分にお金をかけるほど、好きでいてくれないのではないか」と思い違いをされてしまうことがあります。格安デートをする時には、2人で作業できる特別なデートがしたい、ということを伝えておくと、相手も「自分のことを特別に思ってくれているのだな」と安心できます。

 相手の趣味によっては格安デートが困難な場合も

相手の趣味がお金のかかるものである場合、格安デートは難しいかもしれません。しかし、「普段とは違う素敵なデートをしてみたい」とあなたから格安デートプランを提案してみれば、興味を持ってくれるかもしれません。意外と乗り気でなかったものも、いざ試してみるとはまってしまうことも多いものです。

 金銭感覚が合わないとそもそも格安デートは拒否されてしまう

節約という考えがなかったり、お金のことは気にかけなかったりする相手であれば、格安で何かをするということが受け入れられない場合もあります。その場合には、金銭感覚を理解し合う姿勢をお互いに身に付けることから始めましょう。格安デートの機会を利用して、今のうちに金銭感覚の面で互いに歩み寄ることができればこの先も安心です。

 

楽しい格安デートの具体的方法

LoggaWiggler / Pixabay

格安デートには、案外知られていない、楽しいデートプランが豊富です。これから、私がよく実践している格安デートをご紹介します。格安デートは家でできるものと外でできるものの2種類です。

まず、はじめに家でできるものから。

 庭があれば七輪を使ったプチ宴会

バーベキューセットでなく、七輪を使用するという点がポイントです。というのも、七輪はバーベキューセットよりも小さく、調理に時間がかかるため、ゆっくりと作業しながら楽しめるからです。普段の日常生活ではなかなか体験できない、究極のスローライフ・スローフードに2人でどっぷりと浸ることができます。お酒とおつまみを用意して、月を見ながらゆったりと過ごす時間は格別です。

 2人で野菜の栽培

お互いにそれぞれの自宅で同じものを育てて、定期的に相手の家に様子を見に行くというのもおすすめです。私はジャガイモと玉ねぎを一緒に育てました。同じ野菜を育てていると成長状況や育て方の情報交換ができ、楽しい話題になります。また、自分の家で野菜を育てることは食費の節約にもなるので一石二鳥です。

 一緒に料理

2人で料理を作るのはとても楽しい作業です。家でお互いに知っている料理を教え合ったり、どちらかが料理が苦手な場合は楽しい料理のレッスンにもなったりします。将来一緒に住む時が待ち遠しくなるのも楽しいです。

 

映画鑑賞

持っているDVDや近所のTSUTAYAで借りてきた映画を観賞するのもおすすめです。笑える映画は2人で愉快な気分になれるので特におすすめです。また、好きな映画のジャンルが違っていても、自分の知らない世界も見て楽しもうという気持ちを持って一緒に鑑賞すれば、楽しい時間になりますし、相手を理解する姿勢も身に付きます。

 

一緒に掃除

これもとても楽しめる作業です。一緒に部屋の掃除をすれば、一人で作業するよりも早く掃除を終わらせることができます。また、掃除している途中で、自分や相手の思い出の品なども見つかり、話もはずみます。特に言葉をかわさずに黙々と作業しても、一緒に部屋をきれいにするという目標を共有していることに喜びも感じられます。

 

以上が家でできる格安デートです。次に外でできる格安デートをご紹介します。安い、あるいは無料で楽しめるおすすめのデートスポットは次の通りです。

R391n4 / Pixabay

銭湯めぐり

銭湯は温泉よりも安いので頻繁に通えます。関東では460円、関西では430円で銭湯が利用できます。銭湯は一軒ずつ独特の個性を持っているので、2人で幾つか巡ってみたり、お気に入りの銭湯を探してみたりすると案外その魅力に引き込まれて共通の趣味になります。銭湯はレトロ好きにはたまりません。銭湯によっては、お湯が温泉であったり、サウナが付いていたり、露天風呂になっていたり、さまざまな健康効果のあるお湯が使用されていたりして、利用者を飽きさせません。2人で銭湯通になるのも面白いものです。

一日温泉でまったり

都心に住んでいても案外温泉施設は見つかります。近場や近所にある温泉施設に出かけて1日そこで過ごすのも楽しいものです。温泉施設には休憩所もついており、食事もできるので忙しい日が続いて、お互いに休みながらデートを楽しみたい時にはうってつけの方法です。

寺社巡り

特に、お互いの家近くにある、ひっそりとした地元の寺社を巡るのがおすすめです。お寺や神社は、小さくても案外興味深いパワースポットである場合があるので、2人で仲良くお参りするのは絆を深めるのにも良いです。神様に素敵な恋人と一緒にいれることに感謝しましょう。

公園ピクニック

公園ピクニックは場所代も食事も無料。気になる公園に手作りのお弁当を持って行きましょう。この時に、バドミントン、写真、フリスビー、ボールなどを持参するとより充実した時間をすごせます。

無料のアトリエで美術鑑賞

いたるところでアーティストたちがスペースを借りて小さな展覧会を開いています。このような個展・展覧会はたいてい無料で参加できるので、アート鑑賞が好きなカップルにはたまらないものです。また、多くの場合、アーティスト本人が常時会場に待機しているので、2人でその方のお話に耳を傾けられるのも贅沢です。

ウィンドーショッピング

ショッピングといっても、買わないで気になるお店をなんとなく眺めに行くのもおすすめです。2人でウインドーショッピングをしていると、会話の中で相手の好みや欲しいものについて情報を得られるので、大事なイベントのプレゼント選びの際に役立ちます。また、それぞれのお店にどんな商品が並んでいるのか把握できるので、プレゼント探しの際にはお店に困らずに済みます。

本屋、古本屋めぐり

本好きであれば、一緒に本屋で本を探したり、古本屋を巡ってみたりするのは非常に有意義なデートになります。興味深い本を見つけたら2人の話題になるし、自分の知識も増えます。また、お互いにおすすめの本を教え合うこともできるので、お互いを高め合うこともできます。

 

格安デートプランの参考

MiguelRPerez / Pixabay

格安デートの種類は上で挙げたようにたくさんあるので、組み合わせを何通りも考えることができます。ここでは、雨の日と晴れの日のデートプランを例としてご紹介します。

晴れの日の1日デートプラン

午前中からお昼は自宅の庭で七輪バーベキュー→お昼から夕方には近所のお寺を巡る→家で一緒に夕食を作る→近場の銭湯へ

雨の日の1日デートブラン

午前中は無料で鑑賞できる小さなアトリエの個展を見に行く→お昼は温泉施設で昼食をとりそのまま温泉を楽しむ→夕方には自宅に戻り2人で夕飯作り→夕食後映画鑑賞

このほかにも、半日デートプランを組んだり、組み合わせを変えたりして自由自在に格安デートを満喫できます。

 

1カ月で5000円以内の楽しい格安デート

Joergseemann / Pixabay

私には1カ月間格安デートが続きだった時期があります。週1回のデートでしたが、無料のアトリエや安く楽しめる銭湯、グルメな七輪バーベキュー、公園ピクニックなどを組み合わせて楽しんだ結果、1カ月わずか5000円以内でとても幸せなデートができました。

デートは好きだけれど出費を抑えたい、今月は別のことでお金が掛かってしまうけれどデートはしっかりと楽しみたいという方にはおすすめできるものです。

 

まとめ

Bessi / Pixabay

格安デートの良い所は、お金をかけないのに不思議ととても幸せな気持ちになれることです。デートにはお金をかけなくてはいけない、という強ばった気持ちから解放されて、お互い素直な自分に戻れるからそのような気分になるのでしょう。

お金を掛けて特別な場所に出かけたり、旅行で遠くに出かけたりするよりも、私の思い出に残っているのは飾らない格安デートです。とても楽しめるものなので是非お試しくださいね。