車はもうシェアする時代!カーシェアリングのメリット・デメリット




家計の中でも、特に大きな部分を占めるのが車の維持費です。

購入するときにももちろんお金がかかりますが、ガソリン代や駐車場代に加え、メンテナンスや車検、保険など毎年かかるお金はかなりのもの。

電車やバスが便利なところに住んでいても、車がないと困ることもありますよね。

そんな車の維持費を軽減するために、今注目されているのがカーシェアリング。

本当にお得なのか、そのデメリットやメリットを詳しくご紹介します。

4976789 / Pixabay

 

カーシェアリングとは?

MikesPhotos / Pixabay

カーシェアリングとは、会員登録して特定の車を会員間で共有するサービスのことです。

一台の車を複数で共有することから、駐車場の問題や維持費といった車にかかるお金を削減できるサービスとして、注目を集めています。

欧米ではかなり普及しており、日本への導入は2002年から。

現在はタイムズカープラス、カレコ・カーシェア、オリックスカーシェアの3社が事業展開しています。

タイムズカープラスは全国展開しており、全国46都道府県で利用できます。

参考:タイムズカープラス カレコ・カーシェア オリックスカーシェア

レンタカーとはどう違うの? どんなメリットがあるの?

Didgeman / Pixabay

同じように車を借りるサービスですが、レンタカーとカーシェアリングの違いは、以下の通りです。

事前の会員登録が必要

レンタカーの場合は、乗る前に登録するだけですが、カーシェアリングの場合は、事前の会員登録が必要です。

レンタカーはお店に行きますが、カーシェアリングは借りる車の駐車場に行くだけなので、乗るときに手続きは必要ありません。

ただし事前登録にも様々な申し込み方法があり、登録までに時間がかかる場合もあります。また事前にクレジットカードの登録が必要になることもあります。

料金設定が短い

レンタカーの場合は、長時間の使用が前提となっているため、比較的料金が高額です。カーシェアリングの場合は、15分や30分など短時間の利用が可能で、料金もかなり安く設定されています。

逆に延長した場合や、長時間の利用だと料金が割高になってしまうこともあります。

出張先や旅先での利用も可能

カーシェアリングは基本的には自宅近辺での利用となりますが、取り扱いのあるところであれば、出先での利用も可能です。事前に予約ができるので、レンタカーのように「お店に行ったけど借りられなかった」ということもありません。

ただし、予約が入っていて利用ができない場合もあります。

パソコンや携帯電話での予約が可能

登録していれば、後はパソコンや携帯電話からすぐに予約ができるので、気軽に利用できます。また予約、使用は24時間可能なので、自分の車のような利用の仕方ができます。

会員カードがあれば鍵を持ち歩かなくて済む

車のキーを持たなくていいので、紛失の心配がなくて済みます。ただし会員カードがないと乗ることができませんので、注意しましょう。

車検など維持費が不要

通勤や通学は電車やバスだけど、週末のお出掛けや買い物には車が欲しい…そういったときにカーシェアリングは便利です。

また免許は取ったものの、車を買うのはまだ先、という人にもおすすめです。

便利だけど不便なことも…カーシェアリングのデメリット

sasint / Pixabay

費用面で節約が期待できるカーシェアリングですが、デメリットについても理解した上で利用したいもの。

そのデメリットを詳しくご紹介します。

必ず駐車場に戻る必要がある

レンタカーは出先で乗り捨てて、電話をすれば回収してもらえますが、カーシェアリングは他の人も使うので必ず駐車場に戻る必要があります。

行きだけは車で、といったことができないのは少し不便です。

後に予約が入っていると延長ができない

予約した時間内で戻らなければならないので、渋滞などの時間も考えて往復する必要があります。

延長も可能ですが、次の予約が入っているとできないので、自由に乗り回せないデメリットがあります。

乗りたいときに予約が入っていることもある

週末や長期休暇のときなど、予約が集中していると借りられないこともあります。

メリットとデメリットを考えつつ使い分けることも必要

Efraimstochter / Pixabay

カーシェアリングは、使いたいときに短時間で借りることのできるメリットがありますが、予約が集中すると使えなかったり、時間制限に困ることもあります。

そんなときには以下のような方法で乗り切りましょう。

予約は余裕をみて長めに取る

時間がかかりそうなら長時間予約をしておく方法もあります。利用料金は乗った時間だけなので、早く戻っても問題はありません。

いくつかのカーシェアリングを使い分ける

会員費はかかってしまいますが、各会社でサービスを使い分ける方法もあります。月額サービスなども上手に利用しましょう。

必要なときにはレンタカーも利用する

大人数での移動などの場合は、レンタカーの方が車種が多くて便利なこともあります。目的に合わせて使い分けましょう。

まとめ

DayronV / Pixabay

いかがでしたか?

メリットもデメリットもあるカーシェアリングですが、車を買いたくても難しいといった方には、利用しやすいサービスです。ぜひ色々比較して検討してみてはいかがでしょうか。