節約はまず片付けから! 片付けられる人になるための7つの方法




すっきりとした部屋で、のびのびと一人暮らしを謳歌するはずだったのに、仕事が忙しくて片付けどころじゃない!

しかし片付けられない部屋は、実は散財を招いてしまう部屋だということをご存じですか?

あったはずなのに、探しても見つからないと「まあいっか買えば…」ということを繰り返してしまうのです。

節約体質になるためにも、ぜひ「片付け体質」を手に入れましょう。

manbob86 / Pixabay

 

片付けを阻む考え方をやめよう

LoggaWiggler / Pixabay

片付けようと思っていて、色々やっているのに思うようにいかない、そんなあなたは「片付けなきゃ」の思い込みに縛られているのかもしれません。

次のようなことを思っていませんか?

片付かないのは部屋が狭いから

もっと部屋が広ければ、収納場所があれば…でも部屋が広くなればまた物が増えてしまいます。

家族が収納に協力してくれない

収納の方法やルールを押しつけていませんか? あなたが使いやすい方法が家族に当てはまるとは限りません。

片付けは掃除と一緒にしている

片付けと掃除は別物。むしろ掃除をしながら片付けをすると、さらにごちゃついてしまう可能性が大。

こまごまとした収納用品を購入している

小さな引き出しなどにいれ、それを棚にいれると見た目は片付くのですが、どこに何があるのか分からなくなり、また片付ける…と同じことを繰り返してしまいがち。

片付けられる人になる7つの方法

Pexels / Pixabay

それでは片付けられる人になるには、思い込みを捨て、どのような行動をすればいいのでしょうか。

詳しくご紹介します。

片付けるのは小さな場所から

例えば「今日は洗面所をキレイにしよう」「食器棚を片付けよう」と小さなところから始めます。

私は「今日は居間を片付けよう」とやり始め、気がついたら本やアルバムに見入っていた…という失敗をよくやっていました。

広い範囲だと先が見えないので、早々に頭が片付けを諦めてしまいます。

一部屋を片付けるより、短時間でできる場所から始め、成功したら次に向かいましょう。

片付けられたときのごほうびを考えておく

私は美味しいケーキやチョコレートをごほうびにして、片付けをします。

ここまでやったら漫画を読もう、DVDを見よう、でもいいのですが、今度は逆にそっちがやめられずどっちつかずになってしまいます。

食べ物なら切り替えしやすいのですが、空腹のときの片付けは気持ちがイライラしてしまうのでやめておきましょう。

片付けタイムは10分から15分で

いくら集中力がある人でも、長時間同じことができるのは趣味など好きなことをしているときぐらいです。

やろうと思っても、片付けばかりしていると「いつまでこんなこと、しなきゃいけないんだろう」と我に返ってしまうこともあります。

タイマーをかけて、片付かなくても10分か15分で切り上げましょう。

片付け方法はシンプルに

雑誌の片付け方法やお片付け本には、整理整頓のマニュアルがたくさん載っています。

私もかつては色々本を買い込み、雑誌を切り抜き、どうすれば片付けられるのか研究をしていました。

でも結局片付ける方法は「その人が成功した例」なので、同じようにしてもうまくいかないことがほとんどです。

片付けるときは「いるもの」「いらないもの」とシンプルに分けましょう。あとのことはまた別に時間を取って考えるのがおすすめ。

収納よりもまずは片付けを優先する

目の前にあるものをすべてなくさないと片付けが終わったことにならない、気持ちが落ち着かないということがあります。

私もそうで、片付け始めたものの時間がなく、とりあえず空いているところに物を押し込んで…を繰り返していました。

しかし収納するためにはまず物を減らす、片付けることが最優先です。

家族の物は家族と一緒に片付ける

自分にとって片付けたいものが、家族にとっても片付けたいものとは限りません。

また家族全員が使うことのあるものは、自分一人が場所が分かっていても意味がありません。

できるだけ片付けは家族と一緒に始めましょう。

片付けを毎日の習慣にする

大掃除のときにしよう、休みがまとめて取れたから片付けをしよう、というのは実行しようとしてもなかなか難しいもの。

毎日少しずつ小さな範囲から繰り返すことで、片付けをすることが習慣として身についていくので、物を購入するときにも必要かそうでないか判断がすぐできるようになります。

物が少なければ、探し回ることもなく、また物を厳選することで自分にとって本当に好きな物、必要な物が見えてきます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

片付けができない、と悩む人は結構真面目な人が多く、だからこそ「片付けなきゃ」と焦ったり片付けられないことに罪悪感を抱いてしまいがち。

自分一人で抱え込まず、家族や周りの人を巻き込んで、片付け上手になりましょう。

ただし、片付け上手な人に頼り切るのは危険。

自主的に動いて考えてこそ、片付け上手になれることを忘れないようにしてくださいね。