メイクしながら節約もできちゃう!?ミネラルメイクのメリット3選

女性にとって、毎日のお化粧はお洋服選びと同じくらい大事ですよね。

けれど、化粧品というのはとにかく種類が多く、また効果を求めるとどうしても高額になりがちです。

筆者もスキンケアやお化粧には気をつかっていますが、ここ数年気に入っているのが「ミネラルメイク」です。

筆者がミネラルメイクを取り入れたのは「お肌に優しいから」という理由だったのですが、使い始めてみると、実はお財布にも優しいという嬉しい発見がありました。さらに、使う化粧品の種類も減らすことができるのです。

今回は、お肌に優しい上に節約にもなるミネラルメイクについて、ご紹介したいと思います。

jill111 / Pixabay

ミネラルメイクとは?

kinkate / Pixabay

一般的に、ミネラル=鉱物を主成分としたファンデーションやアイカラーを使ったメイクのことを、ミネラルメイクと言います。

例えばミネラルファンデーションには、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄、マイカ、シリカといったミネラルが含まれています。

各ミネラルが、紫外線を反射したり、色を出したりといった効果を発揮することによって、化粧用のファンデーションとして成り立つように配合されているのです。

 

医療用として始まったミネラルファンデーション

luvqs / Pixabay

そもそもミネラルファンデーションは、皮膚科や形成外科での治療後の肌にも使える、刺激の少ない化粧品として使われ出したのが始まりと言われています。

敏感な肌には、一般的な化粧品に含まれる界面活性剤やシリコン、防腐剤などの成分が肌荒れの原因になることもあります。

ミネラルを主成分としたミネラルファンデーションにはそういった成分が含まれていないため、肌に負担をかけずに見た目を良くしてくれるという訳なのです。

 

成分に注意

実は、ミネラルファンデーションを名乗るために厳密な決まりがある訳ではありません。そのため、ミネラルを含んでいれば、どんな商品でも「ミネラルファンデーション」と謳うことができます。

いわゆる普通のケミカルファンデーションには、一般的に水分と油分を混ぜ合わせる合成界面活性剤、製品を安定して保存するための防腐剤、お肌をつるっとして見せるシリコン類などが入っています。

例えばそこに、色味を足すためのミネラル成分などを追加すれば、主成分がケミカルであっても「ミネラルファンデーション」と名乗ることも可能なのです。

界面活性剤や防腐剤などの成分は、製品を安定化させたり、メイクの仕上がりをよくしたりすることを目的としており、肌のためには必ずしも良い成分とはいえません。

ミネラルメイクブランドの中には、医療用として始まった「肌に優しい」というミネラルメイク元来のコンセプトを引き継ぎ、ケミカルな成分を排除しているところも多くあります。

ミネラルメイクのメリットを充分に得るためにも、購入の際は成分表示をチェックしたり、信頼できるブランドの製品を選ぶのがおすすめです。

ミネラルメイクのメリット

AdinaVoicu / Pixabay

ミネラルメイクを取り入れることによって、色々なメリットがあります。

肌への負担が少ない

一般的なケミカルコスメには、シリコンやポリマーなど、毛穴を覆って皮膚呼吸を妨げる成分が使われています。

特に「毛穴レス」などのうたい文句のついたファンデーションや化粧下地には、たいていシリコンなどの成分が含まれており、毛穴を埋めて表面を滑らかに見えるようにしています。

見た目にはとても美しく仕上がりますが、肌にとっては呼吸できずに負担になりますし、なにより毛穴の中まで入りこんだメイク成分はかなり強いクレンジングを行わないと除去することができません。

毛穴の奥のメイク成分をクレンジングしきれずに残してしまうと、やがて炎症を起こしたり、ニキビの元になってしまうこともあります。

ミネラルメイクでは、ミネラルのパウダーで皮膚を覆うのですが、ひとつひとつのミネラルの粒がお互いにくっつきあって肌を保護するため、毛穴に入り込みません。

そのため皮膚呼吸が妨げられることもなく、つけた感じも軽いものが多いです。

 

クレンジング要らず! 石けんで落とせる

Couleur / Pixabay

筆者がミネラルメイクの一番のメリットだと感じているのが、石けんで落とせるという点です。

余計な成分が混ざっていないミネラルコスメであれば、ファンデーションはもちろん、リップ、チーク、アイシャドウに至るまで石けんで落とすことができます。

そのため、メイク専用のクレンジング剤を購入する必要がなくなります。

クレンジング剤といえば、安いものを買うと洗浄力が強すぎて突っ張ってしまったりもしますし、かといってちょっと高級なものを買おうとするとすぐに数千円単位で費用が掛かってしまいます。

ミネラルメイクにすれば、クレンジング剤への出費も悩みも無くなります。

筆者は子育て中なので、お風呂の時間もゆっくりとメイクを落としている時間はありません。そのため、石けんひとつでさっと落とせるミネラルメイクにはとても助けられています。

また、子供に頬ずりしても石けんで落ちるので、心配がない点も嬉しいです。これがもしケミカルコスメだったら、赤ちゃんや子供にまでクレンジングを使わなくてはならなくなります。

子育て中のママさんには、ミネラルメイクはとてもおすすめです。

 

一つのアイテムをマルチに使える

ミネラルメイクは基本的に肌に優しい成分でできているので、皮膚の薄い目の周りや口元などにも安心して使う事ができます。

そのため、カラーアイテムは顔の色々な場所に使いまわすことができるのです。

例えば筆者は、ブラウン寄りのオレンジ系リップをひとつ購入し、それをリップとしてはもちろん、チーク、アイシャドウとしても使っています。

また、茶色のカラーパレットは、アイライナーとしても使いますし、アイブロウとしても使えます。

自分の顔色や、髪の色にあうカラーアイテムを買っておけば、色々な場所にマルチに使えるため、いくつも高いお金を払ってカラーアイテムをそろえる必要がなくなり、節約にもなりますよ!

 

まとめ

いかがでしたか?

ケミカルメイクの美しい仕上がりも魅力的ですが、肌への影響やお手入れの簡単さを考えると、ミネラルメイクにもケミカルメイクに負けない位の良さがあります。

さらに節約もできるとなれば、試してみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

まだ試していない方は、ぜひ一度お肌にのせてミネラルメイクの良さを実感してみてくださいね。

fincleQA