月1000円以上節約も!?スーパーでの無駄遣いを減らす方法




 

WerbeFabrik / Pixabay

スーパーへ買い物にいくと、特売品やちょっとしたおやつなど、予定になかった商品をつい買ってしまう事はありませんか?

お安いから、今日だけだから・・・と思っても、長い目でみると結構な額の出費になってしまい、家計を悪化させる原因になってしまうこともあります。本当に生活に必要なものなら良いのですが、ただなんとなく買ってしまっているとしたら、その出費は無駄遣いということになってしまいますよね。

筆者も以前はついついお菓子や新製品などを買っていましたが、無駄遣いをしたと後悔することもたくさんありました。そこで、色々な無駄遣い防止の方法を取り入れるようにしたところ、今では以前と比べてひと月当たり1000円以上も出費を減らすことができています。

今回は、筆者がいつも実践している無駄遣い防止の方法の中から、特に効果があるものを3つご紹介したいと思います。

簡単で効果的な3つの方法

筆者は元々無駄遣いが多かったので、それを修正するために色々な方法を試してきました。その結果、意外と単純な方法でも効果があがることがわかりました。中でも、これからご紹介する3つの方法は、簡単でありながら効果があるのでおすすめです。

ひとつひとつは100円や200円の無駄遣いを抑えるためのものですが、月単位や年単位で見ると大きな金額を節約することができます。

私の場合は週に3回買い物に行くのですが、これらの方法をとることで少なくとも一回の買い物につき100円を節約することができています。3回×100円×4週間で、月に1200円は節約できる計算ですが、実際にはもっと単価が高いものについても無駄遣いをしないように心掛けているので、家計を守るという意味でとても効果を感じています。

では早速、どのような方法をとるのかをご紹介したいと思います。

どうしても必要? と自分に問いかける

3dman_eu / Pixabay

スーパーに入って通路を歩きながら、目に留まった商品を手に取り、カゴに入れる・・・よくあるお買い物の風景ですが、そんな時にひとつやっていただきたいことがあります。

商品を手に取った段階で一度、自分にこう問いかけるのです。

「これは、どうしても必要なもの?」

「他のもので代用できないかな?」

なんとなく買い物をしていると、家に帰れば他に食べるものがあるにもかかわらずおやつを買ってしまったり、買いだめした掃除用品が残っているのについ新しい香りの製品を買ってしまったりします。

でも、本当に必要なものなのか、なくてもよいのに買おうとしていないかを自問自答することで、”なんとなく”や”ついつい”の無駄遣いを劇的に減らすことができます。

心の中で自問自答するだけなので簡単ですし、しばらく続けていれば習慣化して、何も考えなくても買い物の時にはこの疑問が湧いてくるようになります。そうなれば、無駄遣いをすることはぐっと少なくなるはずです。

何か食べてから買い物に出かける

bergamot06450 / Pixabay

空腹のときにスーパーやコンビニへ行くと、色々な商品がおいしそうに見えてついつい買いすぎてしまうことはありませんか?

出かける前に、家にあるパンやクッキーをつまんでおくなどして、空腹感を減らしてから買い物に行けば余分な食べ物を買わずに済みます。カバンに飴を常備しておき、お店に入る前にひとつ舐めるというのも良いですね。

80円のコロッケや100円のスナックならいいか・・・などと思うかもしれませんが、この出費を抑えていくことが節約につながります。

使い慣れないものは買わないようにする

auntmasako / Pixabay

スーパーに並んでいる色とりどりの野菜を見ていると、これがあったら彩りになりそうだな・・・とか、これを仕上げに散らしたらお店の料理みたいに見えるかな・・・などと考えて、ハーブや輸入ものなどの珍しいものを買いたくなることがあります。

また、たまたま読んだ本のレシピなどで変わったスパイスや食材を使っていたのを思い出し、買って使ってみようかなと思う事もあるでしょう。

いつもと違う料理にチャレンジするのも大切なことですが、節約という観点からはあまりおすすめできるものではありません。

じゃがいもや人参、大根、醤油や塩などのポピュラーな食材であれば、色々な料理に展開して使うことができます。しかし、使い慣れないものや珍しい食材というのは、用途が限定されてしまうことも多いですし、使い切れない可能性が高いです。

筆者にとっては、三つ葉がそれに当たります。うどんやそば、鍋の仕上げに散らしたら見た目もいいしおいしいだろうなとは思うのですが、全部使い切ったためしがありません。失敗を何度か繰り返した結果、今では三つ葉の代わりに葉ネギや青菜などの汎用的な野菜を使うと決め、三つ葉は欲しいと思っても買わないようにしています。

 

まとめ

いかがでしたか?

何も考えずにスーパーで買い物をしていると、ついつい無駄遣いをしてしまうこともあります。前もって防止策を講じておいたり、買い物をする時の心がけを少し変えるだけで、より有意義な買い物ができるようになります。

ご紹介した方法をぜひ活用して、楽しくお買い物をしてくださいね!