がん保険って本当に必要なの?がん保険の必要性について考えよう。




日本国民の死亡原因の上位にある「がん」は、以前のような「不治の病」というイメージこそ払拭され始めているものの、「がん」にかかる患者様の率は増えているのが現状です。それだけ身近な病気となってしまった「がん」ですが、民間保険の1つである「がん保険」は入っておくべきものなのでしょうか。

万が一の備えとして重要な役割を果たす保険の中でも、今回は「がん保険」に着目し、その必要性についてお話していきます。

引用元:photoAC

がん保険についての意見

引用元:photoAC

がん保険に限らず、保険に対して「必要」か「不要」かという論争をよく見かけます。確かに病気の不安を抱えていない健康体の人にとっては、保険という「万が一の備え」をするべきか迷ってしまうのは至って普通のことだと考えています。そこで不要だと考える人と、必要だと考える人の意見について見ていきましょう。

不要という人の意見

がん保険は必要ないのではないか、と考えている人のほとんどが「日本の保険制度の充実」を挙げています。ほとんどの国民が健康保険・共済に加入しています。この公的保険の制度のおかげで、医療費は自己負担が3割となっています。また70歳以上の方や就学前のお子さんは2割負担とされています。

また2〜3割という自己負担だけでなく、医療費が高額になってしまった場合には、一世帯あたりの所得額に応じて、医療費の上限額以上は支払いせずに済む「高額療養費制度」があります。このような制度から「公的保険だけで十分なのではないか」という考えが生まれてきました。

必要という人の意見

公的保険の充実さを見ると、確かに民間のがん保険の必要性はあまりないように思えるかもしれません。しかし、この公的保険そのもののリスクについて考えてみると、民間保険の必要性を感じられるかもしれません。

 

なぜかというと「公的保険の充実」がいつまで続くのか、誰にも確証がないからです。国民のために用意された手厚い保障ですが、支給される金額と保険料として国民から徴収する金額のバランスが崩れてしまう可能性も考えられるのです。保険料の徴収は所得金額に応じていますから、景気に左右されてしまいます。景気が悪化した場合、所得が落ちれば、保険料の徴収額も減ります。しかしそこで支給額も下げるわけにはいきません。

保険料の値下げにも値上げにも限界があると考えると、「公的保険制度」だけに頼るのは少々リスクが高いとも言えるのです。

 

がん保険の必要性とは

引用元:photoAC

がん保険が必要か不要かの論争についてお話しました。ここからはがん保険の必要性についてお話していきます。私は一度がんを経験しているのですが、その際は保険に入っておらず「公的保険制度」を利用して治療を行いました。「がん保険」に入った方が安心できる理由を、経験者の視点からいくつかご紹介していきます。

がんの治療は長期戦

確かに「公的保険制度」で治療費を支えることはできます。しかし、がんの治療というのは手術して終わりということはあまりなく、予想している以上に長期戦になります。長期戦になればなるほど治療にかかる費用も高くなってしまいますし、入院の必要があった場合には「公的保険制度」で保障されることのない部分の出費がかさみます。

入院中の日用品の購入や、病院を行き来するための交通費、入院中には働くことができないため、出費は増え、収入は減るという事態が発生します。

先進医療には大いに役立つ

がんは現代に生きる人々に対して身近な病気となってしまいました。しかし、その分治療法の進歩もめざましいと言えます。治療に伴う肉体的な負担を軽減するための手術法の開発など、新たな手術が登場していますが、先進医療には公的保険が適用されないのです。

がんを治すために先進医療を受けようとする場合、自費負担となってしまうのですが、先進医療はまだまだ高額で、そう簡単に自費負担できる金額ではないのが現状です。しかし先進医療にかかる負担を支えてくれる存在として「がん保険」があるのです。

万が一の備えとして

がんを経験した私としては、保険は「万が一の備え」です。確かに節約に関する書籍の中には、「保険に入ることをおすすめしない」というものもありますが、今まで大きな病気を経験したことがなく、日頃から心身の健康を意識している人は、入らない選択肢もアリかもしれません。

ただ少しでも心身の健康に不安がある場合や、突然の出費に備えたいと考えているのであれば、備えとして「がん保険」に頼るのは1つの手だと考えています。

参考文献:がん保険はなぜ必要なのか? 保険相談ナビ

まとめ

日本には充実した公的保険制度があります。医療費の自己負担3割というのは、確かに大きいですよね。しかし「がん」になった時、入院や長期間に及ぶ治療で、公的保険ではカバーしきれない出費があるのも事実です。万が一の備えとして「がん保険」を視野に入れるのも、決して悪いことではないと考えています。