無駄遣いしやすい性格とは。節約上手になるための浪費癖の直し方。




「今度こそはしっかり節約しよう!」そう心に決めても、気づくと無駄遣いしてしまってお財布が空っぽという人は少なくないでしょう。かつての私もそうでした。心のどこかで「きっと大丈夫」という根拠のない確信があって、その割に月末はよくピンチに陥っていました笑。

今回は無駄遣いしやすい人の性格の特徴と共に、浪費癖を直すための方法をご紹介します。無駄遣いしやすい性格が当てはまってしまい落ち込んでしまったとしても安心してください。自分の癖を知ることができれば、節約上手へ一歩進んだことになりますから!

引用元:photoAC

無駄遣いしやすい性格とは

引用元:photoAC

無駄遣いしやすい性格とはどのような性格なのでしょうか。無駄遣いと聞くからには、少し勘づいている人もいるかもしれません。性格に対して少し厳しい意見も書きますが、自分の性格や特徴を気づくことができてこそ、対策できるのです。あまり落ち込まず「そういう性格かもしれない」と自分を客観視することを心がけましょう。

計画性がない

計画性のなさは無駄遣いのしやすさにつながっていると言っても過言ではないでしょう。お金が今手元にどれだけあるかを把握し、限度額を自分で定められない人は、恐らく手元にあるうちにどんどん使ってしまうのでしょう。

私も意識していないと、どんどん手元にあるお金を使ってしまうタイプでした。月の初めに1ヶ月分のお金を下ろして財布にしまったとき、1週間目で半分以上使ってしまい、1ヶ月の後半がギリギリの生活だったこともあります。

自分に甘い

自分に甘い人も無駄遣いしやすい人と言えます。「ちょっとだけだから」「ご褒美だから」という意識が過度に向きすぎると、出費がかさんでしまいます。

他に「自分をよく見せようとする人」も無駄遣いしがちな傾向にあると言われています。言葉は悪いですが、見栄を張ってしまうんですね。ブランド品や良質なレストランの食事など、たまに手を出す分には良いと思うのですが、よく見せようとするがために買い込みすぎると、後々大変な目に遭うのは自分自身です。

周りに流されやすい

例えば行きたくもない飲み会や食事会に誘われた時、欲しくもない商品をおすすめされた時、あなたはどうしますか。もし本当に自分のためにならない、出費するには惜しいと考えるのであれば断ることができると思いますが、周りに流されてしまいがちな人は、自分が望んでいない出費がかさみがちです。

節約上手になるためには

引用元:photoAC

無駄遣いしやすい性格に、当てはまってしまった人がいることでしょう。ただ自分自身の性格を把握することができれば、それだけ対策方法があるということになります。節約上手になるための考え方を3つご紹介します。その考え方に従って、節約に挑戦してみましょう。きっと癖を自覚する前より、節約がずっと楽になっているはずですよ。

買う前に一度考える

何かモノに出費する際に「一度考える」癖をつけましょう。ワンクッション置くことで衝動買いを防ぐことができますし、それが本当に必要なものかどうか見極める余裕が生まれます。

私の場合、本当に心に刺さったもの以外は滅多に買いません。実際買う前に一度考えてみると、その商品と価格が見合っているか、自宅に同じようなものがないか、もっと安価なものに代用できないか、などさまざまなことを考える余裕ができ、結果的にそれが必要ないという結論に至ることが多いのです。

他のことを考えてみる

買う前に一度考える他に、他のことで購買欲を代替するという方法もあります。例えばイライラするとスナック菓子を買ってしまう癖を自覚している場合には、お金をかけずにイライラを解消できる方法で代用します。ひたすら読書をしたり、ジョギングやヨガなどの運動をするのです。浪費の悪い癖を代替できるものがあれば、お金も心も安定させることができます。

節約の目的を定めるのも大事

また節約する理由、目的を定めることでモチベーションをあげるのもおすすめです。ただ浪費癖をなくそうと考えただけでは、お金を使いたくなった時にセーブするものがなくなり、自分に甘くなってしまうかもしれません。そうならないためにも、浪費癖を直し、節約する目的を定めましょう。

それが旅行資金でも、引っ越し代金でも何でも構いません。年に1度の散財のために貯めるのも良いかもしれません。目的があれば、先に紹介した「買う前に1度考える」「他のことを考えてみる」が実行しやすくなります。

まとめ

無駄遣いしやすい性格を見てみると、自分の出費や出費してしまう動機を把握できない性格が多いように感じます。しかし自分の性格を客観視することで、浪費癖の対策は一段としやすくなります。特にお金を払う場面になった時に一度考える方法は、精神的にも余裕が生まれ、自分の癖を見直す絶好の機会になります。

もし無駄遣いしやすい性格に当てはまったのであれば、チャンスだと思って、節約に挑戦してみませんか?