断捨離で本を処分せずに売る場合はどこに売るべき?

stevepb / Pixabay

部屋の断捨離に挑戦する人は少なくありません。断捨離を行う時、まっさきに取りかかりやすいのは本棚の整理なのではないでしょうか。漫画や本、雑誌などは、本棚がパンパンになるほど溜まってしまうものです。ただ単純にゴミとして処分するよりは、処分することで得られる利点があると嬉しいですよね。そこで実際に私も実践していた本の処分方法についてご紹介していきます。

本を売るならココがおすすめ

picjumbo_com / Pixabay

やはり本はそのまま捨てるよりは、まだ読めるものだからこそ「売る」のが賢い選択なのではないでしょうか。もちろん誰か他に読みたい人がいればプレゼントするもよし、病院や図書館への寄付もおすすめです。でも今回は売って処分する方法を3つご紹介していきます。持っている本の種類によっては、意外と高く売れることもありますよ。

古本屋

まず本を売ると言えば、やっぱり古本屋なのではないでしょうか。大手古本屋チェーンではネットでの申し込みや宅配買い取りなど、買い取り方法にもバリエーションが増えているので、大量の本を持ってわざわざ出向く必要がなくなりました。古本屋さんの利点は、どんな本でも大抵は引き取ってくれることです。買い取り不可の本があったとしても、店の方で処分してくれるもあるので、断捨離には最適と言えます。

ただし販売額としてはあまり期待できません。本そのものではなく、本の種類(単行本・文庫本・漫画など)や出版日等々独自の査定基準で値段がつけられていくため、古い文庫本の場合10円にも満たない場合もあります。しかし売った時の金額より部屋の整理を重視したいという方には、おすすめです。

フリマアプリ

人気の漫画をセットで持っていて、でももう読まないという方は、今から紹介するフリマアプリか後述するネットオークションに登録して販売する方が多いです。フリマアプリの利点は何といっても本の値段を自分でつけることができる、というところではないでしょうか。新品同様の状態で本を保ってあれば、少々高めに値段を設定しても売れることがあります。

難点は販売する際、1点1点商品を撮影し、自分で販売文や設定をしなければならないので、断捨離の観点からすると手間がかかる方法とも言えます。またフリマアプリで物を購入している人の層に本がマッチしなければ、なかなか売れないので長期戦になることも十分考えられるのです。

ネットオークション

長期戦になってしまっても構わないのであれば、フリマアプリの他にネットオークションで販売する方法もあります。この方法を用いると、最低金額と最高金額以外は買い手が値段をつけていってくれるので、思わぬ商品が思わぬ価格で落札されることがあります。漫画などはセットで用意しておくと売れる率が高くなります。また古本屋さんでは本単体の価値として値段がつけられてしまいますが、本の内容も重視されて値段が上がることもあります。値段がどんどん上がっていく様子を眺めていると、何だか嬉しくなるものです笑。

とはいえ、オークションサイトへの登録がめんどくさいという方や「本が処分できるついでにお金がもらえたらラッキー」と思う方は、冒頭の古本屋が一番楽なのですが。

 

断捨離の基準とは

nese / Pixabay

本の断捨離を行うということは、そこそこ本が好きな人なのではないでしょうか。そうでなければ本が大量に溜まってしまうこともないと考えているので。そんな人だからこそ、断捨離する基準に迷い、本をなかなか捨てられないのではないでしょうか。そこで本が好きで気づくと増えてしまう私が実践している断捨離の基準についてご紹介していきます。

手元に置いておきたいかどうか

購入すれば、印税が作家さんの収入にもなります。作家さんを応援するためにも本は積極的に購入していきたいものですが、こちらもお金が無限にあるわけではありません。買い続けたらあっという間に金欠になってしまいます笑。そこで「手元に残しておきたい本」かどうかを判断基準にしてはいかがでしょうか。

物は購入したら自分の物になりますよね。手放さずいつでも読み返せるようにしたい本は、断捨離せず手元に取っておきましょう。

読み切ることができたかどうか

例えば手元に置いてある本の中にも、結局読み切れていない本などありませんか?読み切れなかった動機は人それぞれですが、読み切れなかった本は分けて1年以内に読み切ることを目標にしてみてはいかがでしょうか。その間、あまり新しい本は購入せず、それらを読み切ることに集中します。それが難しいようなら一旦手放してしまってもいいのではないでしょうか。

図書館を活用しよう

本を溜めすぎない、また大量処分に追い込まないためにも図書館の活用をおすすめします。図書館は話題作であればすぐに貸出し開始となりますし、借りられていたとしても、同じ区内・市内の図書館から取り寄せできるところも増えています。気になる本を借りてみて、手元に置いておきたくなったら購入するという習慣をつけると、本がどんどんと増えていく状態を回避できます。

まとめ

本は気づくとどんどん溜まってしまうものですが、処分する際には売ることをおすすめしています。売ったお金で読みたい本を買うこともできます。またどんどん本が増えていかないためにも、断捨離基準を設け、はじめから買いすぎないように心がけることも大切ですよ。

fincleQA