人間関係のトラブルで疲れてしまった時の波風を立てない対処法3選




人間関係ってこじれると大変ですよね。出来る限り、人間関係トラブルには巻き込まれたくないものです。そのため波風立たせず、必要最低限の人間関係だけを築きたいと考えている人も少なくないでしょう。そこで今回は波風立たせず、人付き合いを続けるための方法をご紹介します。

自分の意見を我慢するのはオススメできませんが、波風立たせないための方法で、少しでも人間関係で感じていたストレスが軽くなると幸いです。

Myriams-Fotos / Pixabay

 

波風立たせず対処する方法

Unsplash / Pixabay

人間関係において、波風立たせないための方法について3つご紹介していきます。もちろんこの記事を読んでくださっている人の人間関係トラブルの状態は人それぞれ違いますから、全てを実行できるとは限りません。ただ、わざわざトラブルを引き起こす方との距離を離したりすることは、自分の身を守るには必要なこととも言えるので、気持ちだけでも心がけることをおすすめします。

究極は関わらない

合わない人と無理に関わらずに済むのであれば、関わり合うことを立ってしまいましょう。そうすれば波風立たせないどころか接点も減ります。
わざわざトラブルを引き起こす方は恐らく非常に攻撃的か悲観的な人が多いのではないでしょうか。自分や他の人が傷つくような対応をいちいち引き受けていては体も心も持ちません。職場や家庭では接点を完全に0にすることは難しいかもしれません。ただ積極的に接触を避けることはおすすめします。
職場であれば、必要最低限の仕事の会話以外では出来る限り接触を避ける、家庭であれば、わざわざ言い争いに発展するような言葉は吐かないなど接触時間を出来る限り少なくするように心がけましょう。

衝突は避けず、すぐ対処

また意外に思われるかもしれませんが、衝突が起きそうになった場合には避けるのではなく、迅速に対処することをおすすめします。もちろん互いに感情的に怒りをぶつけ合ったのでは、波風が立ちまくってしまい意味がありませんが、早い段階で問題を片付けることも重要なことなのです。
この際、出来る限り客観的に衝突の原因となった問題を理解できるように努めましょう。必要以上にやっかみあうのではなく、相手の意見も尊重した上で、自分の意見も伝え、迅速に問題解決に努めるように心がけましょう。
後回しにすることで、他のトラブルと重ねて降り掛かることも容易に考えられます。発生してしまった面倒ごとは後回しにせず、すぐに解消してしまいましょう。

完璧は求めない

人間関係において、波風立たせないためには自分にも相手にも”完璧”を求めすぎないことが大切です。どんなに人付き合いが上手な人でも、その人のことを嫌い、悪さをする人は必ず一人はいるものです。また人付き合いが上手な人も、様々なことに対して全て完璧な人間であるということはないかと思います。
トラブルを発生させないためには、ある程度自分にも相手にも寛容でいられるといいですね。相手が万が一つっかかってきた場合にも、さらりと受け流せるようにするためには、完璧を求めず、そのような相手に怒りや苛立を覚えない方が得策です。

人付き合いが上手い人に学ぶ

Unsplash / Pixabay

最後に人付き合いの上手な人から、人間関係をうまくやっていくためのコツを盗んでいきましょう!生きていく中では必ず人との付き合いは発生します。どうせなら波風立たせずうまくやっていけた方が、何かと楽ですよね笑。

物事の捉え方が違う

人付き合いの上手な人は、まず物事に対する捉え方が違います。非常に分かりやすいですが、基本的には「ポジティブシンキング」なことが多いと感じます。人付き合いが上手な人にも嫌なことやつらい出来事は降り掛かってきます。ですが、切り替えが早かったり、ポジティブに捉え直すことができるからこそ、人との衝突も避けられるのではないでしょうか。

そもそも気にしない

またそもそも他人から言われたちょっとしたことを気にしていない人が多いようです。相手が故意に言ってきた悪口や嫌味を一つ一つ捉えていたら、心が疲れてしまいますよね。人付き合いの上手な人は、そのような言葉を受け取っても「それが何?」とサラリとかわしてしまいます。

人付き合いの上手な人ほど、トラブルを引き起こす人が「つまらない」と感じてしまうほど、そのような相手を相手しない特徴にあるようです。もしわざわざ不快な思いをさせてくるような人が周りにいた時には、自分の身を守るために出来る限り”無視”するのも、余計な波風を立たせないためには必要かもしれません。

 

まとめ

人間関係トラブルにおいて波風立たせないためには、可能であればトラブルを引き起こす人物との距離が取れると楽になれるかと思います。物理的に距離が取れたら最高ですが、職場などどうしても顔を合わせなければならない場合も、出来る限り業務連絡以外の接触を避けるなどして対策を練りましょう。

人付き合いの上手な人の適度なスルー力やポジティブシンキングを参考に、人間関係トラブルから解消されましょう!