引っ越しを少しでもお得にするには? 引っ越しの工夫もご紹介

marcusbouvin / Pixabay

新生活の始まる春は、引っ越しの季節でもあります。

新しい生活のあれこれを考えて、今から楽しみかもしれませんが、その前に大きなイベント「引っ越し」があります。

荷造りから始まり、新居での荷ほどきまで、引っ越しはすることがたくさん。また制限時間があるので直前になって慌てると後々のスケジュールにも影響が出てしまいます。

スムーズに、かつ確実に引っ越しを完了させるために、お得な引っ越しの方法についてご紹介します。

引っ越しは自分で? それとも業者に?

Hitcom / Pixabay

引っ越しの費用を抑えるなら、まず引っ越しを自分でするか、それとも業者に頼むかで変わってきます。

それぞれのメリット、デメリットをまず見ていきましょう。

自分で引っ越しをするときのメリットとデメリットは?

自分で引っ越しの準備をすることのメリットは、まず自分のペースでできること、そして自分で確認ができるため、大事な物やすぐに使わなければならない物などが分かりやすいというのがあります。

しかし同時に、自分のペースでやっているといつまでたっても終わらない、また自分しか分からない詰め方をしてしまうので、友達などに頼んで手伝ってもらった場合、あとで探し回ることになったり、荷物が破損しても諦めるしかないといったデメリットがあります。

さらにパソコンなどの精密機械は、壊れることもありますし、冷蔵庫や洗濯機など、設置が自分でできない物を持って行くのは大変です。

業者に頼むときのメリットとデメリットは?

業者に頼む場合のメリットは、まったく荷造りができていない状態であっても、きちんと梱包してもらえる、また自分で車を運転する必要がないので、自分がするのは荷ほどきだけで、楽に引っ越しができることが何よりも大きなメリットですね。

しかし引っ越しパックを頼んだ場合、容量がオーバーすると追加料金がかかってしまう、自分で確認ができないので荷物を探し回ることになるといったデメリットもあります。

これは私の経験で、必ずしもそうなるとは限らないのですが、引っ越しシーズンであったため、他の人の荷物が入っていたということがありました。

幸いにして自分の荷物はちゃんとあったので、事なきを得ましたが…荷物が足りなかった相手の方は大変だったと思います。

引っ越しの費用を節約するにはどんな方法がある?

Andrew-Art / Pixabay

自分でする場合にも、業者にお願いする場合にも、少しでも費用は抑えたいもの。

そんなときにどうすればいいのか、引っ越し費用を節約するためにできることをご紹介します。

引っ越しの料金は距離と荷物の量で決まる

引っ越し料金の見積もり比較サイトなどで、安い業者を探すのも一つの方法ですが、引っ越し代金は引っ越し先までの距離、そして運ぶ荷物の量で決まります。

距離があれば高速料金などが加算されるため、業者によってそれほど料金に差はなくなってしまいます。

近い距離の場合は、自分で荷物を運ぶ方が割安になる可能性があります。

走行距離20km以内で、荷物の積み卸しで2時間以内に作業が済むなら「赤帽」にお願いするとお得になります。

参考:赤帽

荷物預かりにすると割安に

引っ越しを業者にお願いする場合、割高になるのは「引っ越しをしたその日に荷物を入れてもらう」ときです。

急な転勤などで、時間がない場合は仕方ないかもしれませんが、進学や就職なら日程は分かっているので、早めに準備ができますよね。

家族全員が引っ越しをする場合は難しいですが、単身の場合は倉庫預かりにしてもらい、料金が安い日に運んでもらうことで料金が割引になります。

荷物を徹底的に減らす

持って行く荷物を減らすことも、引っ越し代金の節約になります。

遠距離の場合は、引っ越した先で家電や家具を買う、またレンタルすることで持って行く荷物が減らせます。

クロネコヤマトでは、単身の引っ越しの場合、家具と家電のレンタルもできる引っ越しサービスパックがあります。

参考:クロネコヤマト・家具家電レンタル

引っ越しをするならシーズン外、平日がおすすめ

引っ越しのシーズンである3,4月は他の月よりも割高になっています。

また土日祝日の引っ越し、時間指定の引っ越しも料金が高めになりますので、これ以外の日にする、時間は指定しないことで節約は可能です。

どうしてもシーズン内にしか無理、と言う場合も、見積もりや予約を早めにすることで割引などのサービスが受けられますので、引っ越しが決まったら早めにネットなどで価格を調べておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

引っ越しは分かっていてもなかなか準備が進まないもの。しかし引っ越しは色々な抱え込んでいた荷物をいっぺんに片付けるチャンスでもあります。

引っ越しのお任せパックなどで、自分が何もしないで済むサービスもありますが、ぜひ早めに自分で準備して、身軽に新しい場所に行けるようにしたいですね。

fincleQA