簡単節約! 面倒くさがりの人でも今日から始められる簡単節約術

引用: pakutaso

 貯金を増やしたい、でも節約とか面倒くさいなんて思っていませんか? 面倒がっていたらいつまでたっても貯蓄は増えないし、無駄な浪費となってしまいます。

そこで今回は数々の節約術の中から、面倒くさがりの人でも今すぐ始められるオススメの節約方法をご紹介したいと思います。

はじめに

引用: pakutaso

日々の生活の中で節約できることは沢山あります。ただし、ズボラな人や飽きっぽい人にとっては節約そのものが面倒だったりします。だからお金も出ていく一方で貯まらないのです。

たくさんある節約術の全てが不可能な人は絶対にいないはずです。自分が面倒だと感じるものはあえて実践しなくても大丈夫です。他にもいろいろあるのですから、出来ることをしましょう。

失敗する具体例

例えば、自炊が面倒だからとコンビニやスーパーで買って食べている人に、明日から自炊にしなさいと急に言っても絶対に無理です。

仕事で疲れて帰宅して台所へ立つ、お米をセット、野菜などの材料を切ったり混ぜたりしておかずを作る。この「作る」という作業そのものが面倒だから買っているのです。

その人が、誰に言われるでもなく自ら「自炊にしよう」 と一念発起したところで、数日~1週間ほどで止めてしまうでしょう。

面倒くさがりの人の傾向

面倒くさがりの人は、自分に続けられそうな節約術をネットなどで検索し、これなら出来そうだというものを見つけると、まず「これで月いくらの節約になるのか」と金額の事を考えます。

そうでない人は「こんな節約方法があるのか! やってみよう」と思うのに対して金額ばかりを気にするため、「月たった○○円? だったらやるだけ無駄、面倒くさい」となってしまうのです。

世の中のどんな事にも無駄なんてありません。1つの節約で月たった100円でも、10実践すれば月1,000円、年間12,000円にもなるのです。塵も積もれば何とやらです。

引用: pakutaso

絶対にできる節約術

ここからは、誰にでも無理なく続けられる節約術をご紹介します。節約生活はある程度の期間を過ぎれば日常化して、つらいとも面倒くさいとも思わなくなります。

お財布の中身

誰でもすぐに始められる節約方法として一番効果的なのは、1日に持ち歩く現金を決めてしまって、それ以上はお財布に入れないという方法です。

知っているという方も多いと思いますが、「外出先で緊急事態が起きたら困る」、「とにかく不安」などの理由で実践している人は意外と少ないようです。

しかし、この方法は面倒くさがりの人にはもってこいの節約方法なのです。お金がなくなるたびに銀行へ行くのは面倒くさいので、自然と無駄遣いをしなくなります。

緊急事態(断れない飲み会の誘い、急な出張など)が発生したらクレジットカードを利用すればポイントも貯まります。

節約グッズの活用

あちこちで見かける便利グッズの中には、節約に直結するものも多く存在します。いくら面倒くさがりの人でも、たった1度取り付けるだけの事なら出来るはずです。

節水シャワーヘッド

これを取り付けると高層階のシャワーみたいに水圧が弱くなってしまうのでは? という心配はいりませんし、水道代・ガス代の両方の節約になり、年間で1万円前後の違いが出るようです。

ふろッキー

風呂釜が2つ穴の場合は絶対にオススメの商品です。下の穴に差し込むだけで手間もなく、お湯が冷めるのを防いでくれることで追い炊きの回数も減り、月1,500円前後の節約になります。

洗濯ボール

これは、取り付けるのではなく洗濯機にポンと入れるだけです。水道水を洗浄力のある水に変えてくれるという優れもので、洗剤要らずになります。

トイレタンクの節水

トイレの節水に関しては、常に「大」を使用しないとか、タンクの中に水を入れたペットボトルを入れるとか、いくつかの節約方法がありますね。

実は、100円ショップでも購入できるものがあるのです。タンクの底にある排水弁の上に置くだけというもので、弁が閉まるまでの時間が早くなり、節水効果が期待できます。

WerbeFabrik / Pixabay

喫煙者は禁煙を

貴方が喫煙者なら、毎月のタバコ代を計算したことはありますか? 1日1箱として430円前後、30日で12,900円です。2箱なら倍の25,800円。これは勿体無い出費ですね。

体のためにも禁煙をして、タバコを止める努力をしましょう。とはいえ急にはムリなのは分かりますし、禁煙外来へ通うのは逆に大きな出費となります。

最近は電子タバコもたくさんの種類がありますので、そういった禁煙グッズで始めてみてください。いろいろなフレーバーもありますので、お好みのものが見つかりますよ。

ホットプレートの活用

自炊が面倒くさいのにホットプレート? と思わないでください。毎回お弁当やお惣菜を買っているなら、買うのは白いご飯だけにしてみませんか?

すでに味付けがされていて焼くだけの焼肉、魚の切り身、卵などを焼けば立派なおかずの完成です。でも使用後の洗い物が面倒くさいんですよね。

大丈夫です! ホットプレートに直接乗せて焼くのではなく、クッキングシートを敷いて焼けば、シートの上に乗せたまま食べてシートは捨てるだけです。

ご飯を買った時に割りばしをもらえば食器の洗い物もありませんし、キッチンに立つ必要もなくいつもの定位置に座ってスイッチを入れるだけです。

食費は一番節約できるもです。もしホットプレートでさえ面倒なら、お惣菜をいくつも買うのではなくお弁当を1つにするなど、買い方を変えてください。

edar / Pixabay

貯蓄は保険商品で

最後に、貯蓄についてお話しします。これは面倒くさがりの人だけでなく全ての人に言えることですが、貯金を少しでも増やしたいなら金融機関ではなく保険商品にしましょう。

今の時代、銀行などへ預けていても0.01%~0.25%の金利です。金利が高い定期にしている方も多いと思いますが、それなら尚のこと保険商品の方がオススメです。

マイナス金利の影響もあって、銀行の口座から保険商品へ資産を移す人が増えていて、年金商品や一時払いの貯蓄商品が売れすぎによって、各社とも徐々に貯蓄商品が売り止めとなってきています。

浪費も防ぎたいし貯金も増やしたい、どの節約方法もやっぱり自分向きではないという方は検討してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。節約というのは、衣・食・住どれにも行えますで、見聞きした節約方法などで自分に出来そうなものは積極的に実行してみてください。

100円ショップには、ご紹介した以外にもたくさんの節約商品が販売されていますので、置くだけ、付けるだけの節約グッズもいろいろと探してみて下さい。

fincleQA