心身ともに健康に!節約にもつながる自炊生活のススメ




生活費の中でも節約に取り組みやすいのは食費なのではないでしょうか。食費の節約において最も有名な方法に自炊があります。ただ自炊生活に対して、調理の手間や片付けがめんどくさいといった印象を抱いている人も少なくないことでしょう。

しかし自炊生活はやり方さえ工夫すれば、そこまでめんどくさいものではありません。また自炊生活が大事とは言っても無理に”完璧な”食生活を目指す必要はないのです。そこで今回は無理なく実践できる、節約にも心身の健康にも役立つ自炊生活をご紹介していきます。

引用元:photoAC

 

自炊はめんどくさい?

引用元:photoAC

自炊生活に抵抗がある人は、「めんどくさい」というイメージが大半を占めているのではないでしょうか。しかし自炊生活はめんどくさくないように工夫することは簡単にできます。なんと言っても、自炊生活の恩恵を受けるのは自分自身なのですから!自炊に正解はありません。自分自身がめんどくさくない方法であれば、自炊生活は十分にできていることになります。

一汁三菜である必要もない

自炊生活のイメージの中で、栄養バランスを考えなければならない=一汁三菜しっかり食べなければならないというイメージを抱いている人もいることでしょう。しかし、必ず一汁三菜でなければならないといったルールはありません。

栄養バランスを考えて食事を摂ること自体はとても大切なことではありますが、完璧な食生活を毎日送る必要はないと私は考えています。いい意味で存分に手抜きをしましょう。例えばご飯と具沢山の味噌汁があれば、それで十分食事はできてしまいます。朝ご飯はご飯と味噌汁、夕飯には必ず納豆を食べるなど献立を固定してしまうのも手抜きの一つです。

栄養バランスは1週間トータルで考える

また栄養バランスを意識して・・・と言われても、仕事の付き合いで飲み会などに参加する必要が出てくる場合がありますよね。そんな時、大好きなお酒を飲まない、お肉を食べないというルールを作ってしまってはストレスが溜まる一方ですよね笑。

だから栄養バランスは1週間トータルで考えます。食べ過ぎた翌日に、食事をセーブすればいいだけの話です。この際、量を減らすというよりは、足りていない栄養素を取り入れることを意識すれば、過度にお腹が減ることもないでしょうし、自炊もしやすいと思います。

野菜が足りていないのであれば、大きめにカットした野菜を蒸したり、茹でたりして食べればいいのです。どうしても肉が食べたいのであれば、低カロリーな肉や少量の肉を一緒に蒸したり茹でたりすれば、洗い物も少なくて済みますし、味に深みも加わって満足できることでしょう。

健康と節約につながる利点とは?

引用元:photoAC

ちなみに私の場合、自炊生活を始めてからと言うもの、体に変化が生じました。一体験談にはなりますが、きっと経験したことのある人もいるのではないでしょうか。元々は自炊生活がめんどくさくて苦手だった私ですが、健康にもつながることを知ってからは、意識的に自炊生活を送るようにしています。

味覚が敏感になった

自炊生活を続けてきて、最も顕著に変わったのは味覚です。味覚が敏感になりました。自炊していると、自分で味付けをしなければならないので、適量を目と舌で感じられるようになります。自分で加えた量を把握しているので、一度料理に失敗したとしても、次からは調味料を入れ過ぎないように意識することができます。

そのような生活を続けていく中でも、自炊するのがめんどくさい時期というのはやってきます。そういう時には素直にコンビニやスーパーの惣菜を買ってきて食べるのですが、その時食べる味がとても濃く感じます。これは本当に不思議でした。食べられないレベルではないのですが、自然と自炊しようという意識が向きました。

濃い味に慣れ続けている人は、この感覚を感じるのに時間がかかるかもしれません。ただ身をもって実感できるという点では、自炊は本当にオススメです。いかに外食や中食に調味料が沢山含まれているかが分かります。

何が足りていないか分かるようになった

自分で野菜や肉類を用意して、料理を作るようになった結果、自分の体に今何が足りていないかが敏感になったような気がします。いささか動物的ですが、実際に野菜ばかり食べていると、そのうち肉類が尋常じゃなく食べたくなります笑。肉類を食べ過ぎた翌日には、野菜を体が欲しますし、食べ過ぎによってお腹を壊すこともあります笑。

自分の目で食材を確認して、それを食べているので余計に、体に足りないものが分かるのではないかと考えています。

外食で原価を考えるようになった

これは逆にデメリットなのかもしれませんが笑、自炊をすると、野菜の大体の相場や調理の手間なども分かってきます。そうなると外食する際、その料理と価格が見合うかどうかも割と把握しやすくなります。その結果、コスパの良い食事を摂ろうと考えるようになったので、結果節約につながっています笑。

まとめ

自炊生活は続けようと意識しすぎると、めんどくさく感じるかもしれませんが、完璧主義になる必要はありません。栄養バランスさえ重視できていれば、一汁三菜である必要もないのです。自炊生活を続けていくと、味覚の変化も生じてきて、面白いですよ!