節約美人の秘密とは?節約上手の美容法でお金をかけず綺麗に!

街中を歩いていると、化粧をそこまで厚く塗っていないにも関わらず、さらっと綺麗な人を見かけることがあります。友人にも美人なのに肩に一切力の入っていない人がいます。美人な人は美容に沢山お金をかけているのだろうと思いがちですが、美容面にあまりお金をかけず、節約しながら美人という方も実は少なくないのです。

そこで今回は節約美人がやっている、節約上手な美容法についてご紹介していきます。

 

節約上手な美容法

美容法と聞くと、高級な化粧品やエステ、マッサージなどが浮かぶ人もいるかもしれませんが、節約上手で美人な方は、プチプラ化粧品を活用したり、お手軽にエステやマッサージが受けられるような工夫をしています。

プチプラ化粧品を使う

スキンケアやボディケアは日々継続してしっかり行うことが大切です。そんな時、高級な化粧品を贅沢に使っている人も中にはいるのかもしれませんが、美容面にそんなにお金をかけられない・・・と嘆く人もいることでしょう。しかし最も大切なのは「日々継続すること」です。プチプラ化粧品でもしっかり美容には役立ちます。

例えば肌のくすみを取るために、専用の化粧品を購入する必要はありません。くすみの原因の1つには、日々の化粧が落ちきっていないこともあげられます。そこで化粧を落とすためのクレンジング剤だけで、くすみを取り除くことができます。

たっぷりと手に取ったクレンジング剤でやさしく肌表面になじませ、ぬるま湯ですすぎます。肌を痛めつけないためにも、ポイントメイクは綿棒やコットンを活用して、あまりゴシゴシとこすることなく落としていきます。

また基礎化粧品の中には、高級化粧品と成分がほぼ同じのプチプラアイテムも数多く存在します。ニベアの青缶が有名ですね。3万円近い化粧品と成分がほぼ同じなのに、数百円で購入できるとなると、あなたはどちらを買いますか笑?

身近なもので一工夫

もちろん高級化粧品も気分を高めるためには非常に役立つアイテムですが、出来る限りコスパの良い方法で美容の努力をしたいという人は、身近なものを使って一工夫しましょう。

洗顔する際、たっぷりの泡が必要ということは聞いたことがあるのではないでしょうか。しかしたっぷりの泡を作るためにたっぷりの洗顔料を使うのは、何だかコスパが悪いですよね。そこで100円ショップでも販売されているようなネットを用意して、少ない洗顔料でふわっふわの泡を用意しましょう。

またメイクをする時、肌がしっとり潤った状態でいないと化粧ノリが悪くなってしまいます。そこで化粧水やクリームをたっぷり使うのも一つの手ではありますが、ホットタオルを用意して、化粧前に顔に載せることで顔の血行が良くなり、また肌もしっとりと潤います。

モニター・クーポンを活用

ここまで紹介してきた通り、高級化粧品を使わなくとも、美容面で努力を続けることは可能です。そこでもしあなたがブランドにこだわりがないのであれば、商品モニターやクーポンを活用することをおすすめします。「ある特定のブランドだけを使いたい」という場合でなければ、商品モニターを活用することで、ヘタすると自分で化粧品を買わずにずっといられるかもしれません!

またクーポンサイトを活用すれば、たまに贅沢したい時に比較的安価にエステやマッサージを体感することができます。手軽に済ますことのできるサービスを活用するのも、節約美人になるための良い方法ですよ。

 

 

節約上手さんの意識の違い

そもそも節約上手さんは、普段から素敵な雰囲気を醸し出しているような気がします。力が入っていないというか、自然な美しさがあると言いますか・・・。この雰囲気には、節約上手さんならではの意識の違いが関係していると考えています。

無理をしない

例えば節約上手な人は、ものすごくお金に厳しいのかというとそうでもなくて、食べたいものややりたいこと、ほしいものには積極的にお金を使っていたりします。節約上手かつ節約美人な方も同様で、無理を感じさせないんですよね。

自分に合った化粧品や化粧道具、ファッションをよく理解しているからこそ、プチプラ化粧品や身近なものを使ったアイディア一つで美容を追求することができるのでしょう。節約に対するストレスがないので、いきいきとして見えるのも、美人に見える理由の1つではないでしょうか。

生活そのものを重視

また美容に特化してお金をかけるのではなく、生活そのものを重視しているのも、節約美人さんとそうでない人の大きな違いと言えるでしょう。美容のための道具や機会にお金をかけるのではなく、生活基盤を整えることで無理にお金を使うことなく、美意識を高めています。

特に食生活と睡眠への意識が高い人が多いと感じています。食が偏っている人や睡眠不足の人で”肌がつやっつやで健康的なイメージ”はあまり浮かびませんよね。

まとめ

節約美人さんは、美容そのものにお金をかけてはいませんでした。自分の肌に合った化粧品ならプチプラでも気兼ねなく使うし、モニターやクーポンも活用しています。節約美人を目指す人は、まずは意識から節約美人を目指しましょう。食生活や睡眠の見直しから始めてみませんか。

fincleQA